行 事 予 定

当会関連行事の予定を月別でご案内します。

2016  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月   HOME
過去の行事 2015



12月の予定

 12月17日(土)放談くらぶ
      時間 14時〜16時
      場所 南近隣センター(けやきプラザ)1階会議室
      演題 「小説『芙蓉の人』をめぐって−新田次郎と岡田武松」

      話者  村上智雅子 氏
      参加費 会員無料 非会員300円 ※申込みは佐々木まで

 




11月の予定

 11月26日(土)講演会(東葛飾市民後見人の会主催)
      時間 13時30分〜
      場所 けやきプラザ2階
      演題 「超高齢社会をどう生きるか」

      講師  山口 繁 氏(元最高裁判事 我孫子市在住)


  11月23日(祭)第124回史跡文学散歩 布佐駅改札口9時集合
      「柳田国男ゆかりの布佐の町を訪ねる」
      講師・ガイド 越岡禮子 氏(当会副会長)
      参加費 会員無料 非会員500円 ※申込みは越岡まで


    




10月の予定

 10月23日(日)文化講演会 (先着60名)
      時間 13時〜14時30分
      場所 アビスタミニホール
      演題 「<詩>で読む武者小路実篤の一生」

      講師 二松学舎大学教授 瀧田浩 氏 →パンフレット(申込先) (pdf)


  10月10日(月祝)放談くらぶ (先着35名)

      時間 14時〜16時
      場所 アビスタ第二会議室 (先着35名)

      演題「揺れ動く欧州の中でたくましく生きる小国チェコ」
      話者 元スロベニア特命全権大使 石榑利光氏 →パンフレット(申込先) (pdf)


    



 

月の予定

 6月11日(土)  放談クラブ
   

    




 

5月の予定


 5月22日(日)文化講演会  (当初5月15日とお伝えしましたが、正しくは22日です。)


    当会は毎年5月に我孫子市教育委員会と共催という形で講師をお招きして文化講演会

    を開催しております。

    ところで、昨今の事業計画のひとつに「白樺派について積極的かつ継続的な研究」を

    掲げていることもあり、今年の文化講演会では、白樺文学館学芸員稲村氏による白樺

    派についての講演会を致します。

    奮ってご参加ください。


     場所   アビスタ・ミニホール (我孫子市若松26-4)

     時間   14時〜16時    

     講師   稲村隆氏(白樺文学館学芸員)

     参加費  会員無料 非会員300円

 

  5月29日(日)   第122回史跡文学散歩のご案内

   



 


 

4月の予定


 4月3日(日) 放談クラブ 演題「白樺派と美術館」


    『手賀沼の自然を愛してこの地に住み交遊を深めた人たちが、「白樺村」と呼ばれた

    いわゆる文士村をつくって百年、その諸活動について考察し、また美術館建設を目指

    す活動と後の世への影響について探ってみたい。』

     1.文人たちの活動について

     2.白樺美術館建設について

       場所   市民プラザ(あびこショッピング・エスパ3階)

       時間   14時〜16時    

       講師   三谷和夫氏

       連絡先  佐々木(TEL/FAX 7185-0675  

    



 
    4月30日(土)    我孫子吟行会のお知らせ
       



 

月の予定

 

 3月27日(日)第121回史跡文学散歩 9時00分 湖北駅改札口集合(小雨決行)



     「中世、河村出羽守勝融が築城した芝原城址と、関連の寺、法岩院、古利根沼などを探索」

     コース  湖北駅→石七観音→庚申堂→長光院→中峠庚申塔群→法岩院→水神宮→待道大現

          →古利根沼→波除不動尊→芝原城址→順道塚→湖北駅

     講師・ガイド  田中由紀氏(当会会員)

     参加費 会員無料 非会員500円

     申込み 090−2667−2924または04−7149−9174(田中まで)

 

  



月の予定



 2月 6日(日)  放談くらぶ 講師 戸田七支氏(当会会員)

    14時-16時 あびこ市民プラザ(あびこショッピングプラザ3階)

    参加費 会員無料 非会員300円

    演題『将門の王国を求めて』

    「天慶3年敗死した将門主従七騎の霊は、対岸の手賀村明神下より騎馬にて手賀沼を乗り切り、

    朝日の昇天するのを拝した。後に村人がその地に一宇を奉祀した」・・・。

    将門の主従がたとえ霊魂になっても戻ってきて欲しい場所が将門社であるとすれば、そこが将門

    の王国、本拠地ではないか。このように考えると、湖北日秀地方に残る数々の伝説が真実味をも

    って甦ってくる。・・乞うご期待。

 



1月の予定


 1月10日(日)   新年会 17時から

    場所 「花膳」 我孫子駅北口

    会費 3,000円

    申込み 1月7日 越岡まで

    04−7184−2047

    多くの方の参加をお待ちしています。

 1月21日(木)  我孫子市の巨木・名木を訪ねる会(2-11回)

    9時 我孫子駅北口 ロータリー 東武ストア入り集合

    (新木・下ヶ戸地区他 調査予定)
       




   ※初めに戻る

   HOME